2008年09月27日

デジタル写真生活

デジタル写真生活編集部の取材を受ける。
一枚掲載の予定。私のスッタクのO君は、「ようやくデジタル雑誌からの取材きましたね」と。
確かに、デジタルカメラでではないが、もう随分、私はデジタル表現やってきてるなーと、改めて振り返ってしまいました。これも「土田ヒロミのニッポン」展からの流れでしょう。

投稿者 nirhiro : 00:10 | トラックバック (0)

2008年09月21日

宮崎駿

先日、宮崎駿の「崖の上のポニョ」を映画館で鑑賞しました。
夏休みも過ぎ、映画館は、最終時間であったこともあってか、ガラガラ。あまり空きすぎていると、見ようとするモチベーションもあがらいものですね。
彼の作品を最初からまるまる一本鑑賞するのは初めて、映画館で見るのも、初めて、そんなことで少し期待しすぎたのかも知れませんが、途中少し睡魔に誘われたりしてしまった。
テーマの大きさに対して、素材がソフト過ぎたのかも知れないなどと、アニメ素人の感想です。
もう一度、ビデオでしっかり見てみたいと思う。

投稿者 nirhiro : 21:42 | トラックバック (0)

2008年09月20日

台風

夏の暑さが、未だに肌にべとべとする毎日です。
そんな中、2002年に開催した個展「FAKE−ASPECT」(新宿ニコンサロン)での第二部(第一部は、「新・砂を数える」でした)の[Fake Scape]などの写真をパソコンの奥深いところから取りだして、検証しています。このシリーズは、国道16号線沿いの、消費の風景を撮ったもの。彩度高い消費を促す商業地域、スーパー、などの立ち並ぶなのだが、そろそろ陽の目をみさしてあげなくては、と思って、一枚一枚開いてゆくと、やはり早すぎた思わざるをえない。
私の時計は、10年早く進みすぎているようだ。

投稿者 nirhiro : 00:44 | トラックバック (0)

2008年09月15日

久しぶりに再開

更新せずに、夏が過ぎてしまいました。
これは、いかん、遺憾。と思いつつ夏を満喫でもなく、写真展や土門賞のイベントのほとぼりから、少し解放されておりましたが、一念発起再開したく思います(以前だってそれ程しっかりなどからほど遠いという声有り)
中心は、日常雑記、写真活動報告。携帯電話による写真も添付してゆきたいと思ってます。

大学夏休み終え、いよいよ後期始まる。卒業制作の最終〆が12月と早まって2年目。鞭を
片手にまくし立てることになりそうだ。学校が始まると、何かと忙しくなります。

土門拳賞受賞者の今年の最後の勤め「土門拳記念館」での酒田市での受賞記念展にむけ、只今準備佳境。開催は、来月8日から、詳しくは追ってお知らせします。

本日15日、午後から西野荘平
君の写真展「Dioramamap i-Land」のオープニングにゆきます。西野君は、大阪芸大での教え子という関係ですが、なかなかおもしろく展開中。2005年キャノン新世紀で南条史生氏賞受賞。

内容は、タイトルにあるようにヂオラマ地図、これがまた手の込んだ作品。是非見てやってください。
エモン・フォトギャラリー南麻布5-11-12 TOGO Bldg.B1電話03-5793-5437
10月17日まで。


投稿者 nirhiro : 10:45 | トラックバック (0)