2011年10月24日

2011/10/24 ベルリン

写真集「BERLIN」(ベルリン)の再校紙が出てきた。
最初の入稿した幾つかのモノクロームの写真に、不思議なノイズが現れて、焦った。そのため、11月9日の予定が10日ばかり遅くなりそうだ。その他は、順調。
私は、これまでも写真集を出版してきたが、この「BERLIN」には、なぜかはやる気持ちが強い。なぜなんだろう?最初の取材が1983年、30年ほど前、旧い話ですがそれから2009年まで、長く引きずって来たからということもありますが、それよりも編集上、大きな幾つかの冒険を試みたことにあります。
この、おもしろさをはやく見てもらいたいものだ。という思い上がりにも似た興奮があります。
最初のベルリンの訪問は、先にもいいましたが1983年、私が「ヒロシマ」三部作を撮り終えて、ようやく形になってアサヒカメラの別冊「ヒロシマ」出版いただいた年です。
実は、その5年前にヒロシマのシリーズの二番目に撮影したのは「ヒロシマモニュメント」。内容は、広島市内に遺された被爆遺跡の風景です。その時、漠然とベルリンの壁の風景を撮ってみたいと思うようになっていました。ヒロシマのシリーズは、続けて1982年まで「ヒロシマコレクション」を撮り、1983年の出版は、幸運なことでした。そんなことからオーストリアのグラーツに招待され、その機会にベルリンへ、というのが、経緯です。
しかし、オーストリアの旅のついで、ロケハンのようなもの。「来年は、4×5を持って、来るぞ!」と壁の下で興奮していたのですが、実は、それがなかなか実現せず、壁が崩壊します。
それから、20年、ベルリンに断続的にかかわるのですが、、、その話は、次回に。

投稿者 nirhiro : 23:40 | トラックバック (0)

2011年10月04日

投稿者 nirhiro : 00:32 | トラックバック (0)